本文へスキップ

あなたにピッタリの健康法探しにお役立てください

ダイエットについて

テレビや書籍のダイエット情報は役に立たない

リバウンド写真 なぜテレビ番組や書籍などのダイエット情報が役に立たないのか?
それは、そういったメディア情報はダイエット効果を誇大に表現してしまいがちであり、ひいてはそれがリバウンドに誘導してしまうからです。

ありきたりの話では誰もその番組に興味を持たないし、本屋でも誰も買いませんよね。
ですから、どうしても「短期間」とか「驚くほどの減量」とかいう誇大表現の情報しか流せなくなります。

しかしそれが役に立たないという理由にはならないのでは? とお思いになるかもしれませんね。 でも本当に、そういう「短期間に驚くほどの減量」ダイエットは役に立たないのです。

さて話を誇大表現に戻しましょう。
例えば、
「一年で1キロやせる方法」とかいう本があっても誰も買いませんね。
「あの有名タレントが一週間で1キロやせたダイエット道場」なんて番組を見たい人がいるでしょうか。
だからどうしても本やテレビのタイトルは、
「一日で1キロやせる方法」
「あの有名タレントが一週間で10キロやせたダイエット道場」
という謳い文句になるわけです。

そして、そういう結果が出るような内容のものを作ります。
まあ、実際にそういう激しいダイエットを経験して成功した実例もあるのでしょうから、 一概に誇大表現だと決めつけるわけにもいかないかもしれませんが・・・・。
でも、ちょっと想像してみて下さい。
そういうダイエットを一生続けて行くことができるでしょうか。

テレビ番組で本当によくあるのがタレントのダイエット道場入門。
メタボタレントが入門すると、専門のトレーナーなり先生などがいろいろと指導してくれる場面になります。 朝は特製ジュースだけを飲んで、昼も夜も特別なダイエット食が用意され、それ以外の食事は禁止されます。 ランニングとかスイミングとかエアロビクスとかの運動も十分に行い、つらいのを我慢して汗を流します。
中には辛くて涙を流す人もいますが、参加者同士が励まし合ったりして、予定日になると体重や腹囲の測定をする。 そうすると、なんとビックリ、驚くほどの減量がなされており参加者全員が大喜びするという番組です。
実にありきたりで毎度高視聴率を稼いているようですが、さてここで考えて見て下さい。
その成功した参加者たちは今後一生、その特製ジュースやダイエット食を食べて生きていくのでしょうか。毎日そのハードなトレーンングを続けていくのでしょうか。
絶対にそんなことはありませんね。みんなその時だけ我慢しても、その道場をやめればまた以前の生活に逆戻りします。 そして以前の体型や体重に戻ります。
つまりリバウンドというやつです。

でも、ダイエット産業の立場からいうと リバウンドしてくれる消費者はとてもありがたい存在です。
高いお金を投資してダイエットに挑戦して、リバウンドして、またダイエットに挑戦する。 こんなありがたい消費者はありませんから。
ですから、リバウンドするようなダイエット法がいつまでたっても無くならないし、それに関連する商売も繁盛し続けるのです。
ダイエット番組はいつまでも健在ですし、ダイエット本も売れ続けます。

じつは最初の例で出した「一年で1キロやせる方法」なんていうダイエットが一番効果的なんです。 なぜなら、いちばん無理がなく習慣化できる方法だからです。
考えても見て下さい。一年で1キロなら10年で10キロ減量することができます。
「もっとやせなくちゃ!」などと何年も考えていながら、時々思い出したようにダイエットに挑戦してはリバウンドし、結局10年前と殆ど変わっていない人がなんと大勢いることでしょう。

ダイエット産業の関係者は、口がさけてもこんな「ゆっくりやせるダイエット」をすすめることはありません。
だから「短期間で驚くほどやせる奇跡のダイエット」となるわけです。 そういうダイエットは必ずリバウンドをすることが判っているのに、そういうダイエットを勧めるわけです。
これが「テレビや書籍のダイエット情報が役に立たない理由」です。

どうですか、もうそろそろ リバウンドするダイエットとはサヨナラしませんか。
一生続けられるダイエット、習慣化することができるダイエットが本当のダイエットです。




トップに戻るボタン