本文へスキップ

あなたにピッタリの健康法探しにお役立てください

健康食品について

花粉症予防に花粉は効くのか

花粉症は発症前に食い止めるのが一番

30年ほど前から少しずつ騒がれ始め、今ではすっかり国民病ともなってしまった感のある花粉症ですが、単に鼻水がでたり涙が止まらなかったりというに留まらず、頭痛や睡眠障害も引き起こして、花粉の飛散期間はとても普段通りの生活が営めなくなるほどの影響を及ぼします。

花粉症にかかる花粉の種類にもいろいろありますが、特に患者数の多いのはご存知「スギ花粉」、例年2月から3月に発症して桜が散るころを境に沈静化するパターンです。
ほとんどの方が、鼻水やくしゃみが出て目がチカチカしだすと慌ててマスクをしたり目薬や点鼻薬を購入したり、ひどくなると耳鼻咽喉科に通院したりして対策を講じ始めるのですが、花粉症は一度発症すると治るまでにかなり時間がかかるのが普通です。一番大事なのは発症前に食い止めること、つまり予防が肝心なのです。

最近、この花粉症予防に効果があると評判になっているものに「花粉」があるのはご存知でしょうか。

まさに「毒をもって毒を制す」

花粉が花粉症に効くというとおかしなように聴こえるかもしれませんが、本当に花粉症に効く花粉はあるのです。 でも、ここで言う花粉は虫媒花粉(bee pollen)のことで、花粉症の原因である杉や檜などの風媒花粉(pollen)とは違います。

虫媒花粉(bee pollen)とはミツバチが花から餌を巣に持ち帰る際に花粉を後ろ足で団子状に丸めたもので、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など高純度の栄養素がぎっしりと詰まった栄養食品です。 実はこの虫媒花粉(bee pollen)が花粉症の原因であるアレルゲンを軽減または除去する効果があると云われているのです。ただしその理由についてはっきりした事はわかっていません。
種類が違うと言っても花粉は花粉ですので、虫媒花粉(bee pollen)を摂取することによってなんらかの抗体ができて風媒花粉に対する免疫が強化されるのではないかと考えられてはいます。
あるいはホメオパシー理論の「「その症状を起こしうる成分を使用して、その症状を治す」事によるものなのかもしれません。
いずれにしても、それなりの効果を体験している方が多いのは事実です。

蜜蜂が運んでくる虫媒花粉(bee pollen)には、タンパク質やアミノ酸、豊富なビタミン類が含まれていて、非常に栄養価も高いので花粉症対策以外にも、美容や健康の万能食品としても親しまれています。
おかげで、価格もこなれているし入手もしやすいので、毎年花粉症に悩まされている方は、(一度試しに)花粉が飛び始める一月前ぐらいから摂り始められてはいかがでしょうか。




トップに戻るボタン