本文へスキップ

健康食品・健康飲料・サプリメント選びに

医療機器・健康器具情報なら
健康医療機器ガイド

健康食品類の定義についてDefinition of health foods

健康食品の定義

健康食品についての定義も色々ありますが、まずは厚生労働省のホームページに掲載されているものを参照するのが無難だと思います。

或いはウィキペディアで御覧頂いてもいいかと思います。

それによると、人間が口にする食べ物や飲み物は大きく分けると医薬品と食品に分類されます。

この二つが基本であって、これ以外に分類されるものはありません。
そして、医薬品は(狭義の)医薬品と医薬部外品に分類されます。

口にする物で(広義の)医薬品以外は全て食品ということになります。
この食品のうち、保健機能食品制度で認定された「保健機能食品」があり、保健機能食品は「特定保健用食品」と「栄養機能食品」に分類されます。

つまり、口にする物のうち(広義の)医薬品と保健機能食品を除いたものは全て「一般食品」という範疇になり、それ以外の区分はないのです。

では、昔から健康によいと伝わっている以下のような食べ物や飲み物はどの区分に入るのでしょうか?

◎ 万病に効くという朝鮮人参
◎ 疲れない身体になるといわれるクエン酸
◎ お腹に良いと伝わる梅干し
◎ 風邪の予防に良いと言われるビタミンC
◎ 肝臓の働きを助けるというシジミやウコン

これらは、(それを含む特定の製品が医薬品や保健機能食品の認定を受けていない限り)全て、単なる食品という事になります。
つまり、朝鮮人参もうどんもクッキーもコーラもカレーも味噌汁も全て法律的には単なる「一般食品」という扱いで同じ区分に入るのです。

でも、私たちは日頃、単なる一般食品としてではなく「健康食品」とか「健康飲料」とか「サプリメント」という言葉で表現している対象がありますね。
これらは「いわゆる健康食品」という曖昧な呼び名で明確に区分も定義もされずに存在しています。しかし、非常に多くの方に利用されており、医薬品などに負けず劣らず健康維持に貢献しているものも多く含まれていると思います。

このサイトではそんな「いわゆる健康食品」など(広義の)医薬品以外を対象に、目的別、症状別に紹介しています。

それには、法律上の定義とは別に、もっとわかり易く誰にも受け入れやすい「健康食品」「健康飲料」「サプリメント」の3つの分類を設定する必要がありました。

以下、どうしてそのような分類にしたのかという理由を交えて、それぞれについて具体的な定義を述べてみたいと思います。

まずは健康食品についてふれてみることに致します。
----> 健康食品について

その後以下に続きます。
----> 健康飲料について
----> サプリメントについて


トップに戻るボタン

プラシーボ・バンザイ(貝原益軒 養生訓より)

養生の道は、中を守るべし。中を守るとは過不及なきを云。食物はうゑを助くるまでにてやむべし。過てほしゐまゝなるべからず。