本文へスキップ

健康食品・健康飲料・サプリメント選びに

医療機器・健康器具情報なら
健康医療機器ガイド

肝臓の健康に(目的)

沈黙の臓器が本当に弱る前に適切な対策を

肝臓というと「アルコールを分解する役目」だけがクローズアップされがちですが、脂質や糖質、タンパク質などの代謝機能に加えて、身体に悪い物質が体内に入った場合の解毒作用、そして消化に重要な役割を果たす胆汁の合成など、実に多くのそして多様な役目を果たしている人体で最も大きな臓器です。

ですから、ひとたび肝臓が悪くなると身体のいろいろな部位に大きな障害が起こる訳ですが、肝臓は自己修復能力が高いことから、本当に悪化する前には自覚症状が現れ難く、その為に「沈黙の臓器」とも呼ばれていることはご承知のとおりです。

人は通常、痛みなどの症状がでてから初めて対処しようとするように出来ているものですが、肝臓はこのように自覚症状が現れ難く、現れた時には既に手遅れに近い状態になっている場合も多いので、定期的な健康診断などで正しく機能していることを常に確かめておく必要があります。

また、アルコールの多飲や薬剤の多用ど、日常的に肝臓に大きな負荷をかけている可能性がある場合は、肝機能を高める効果のある飲食物を積極的に摂るなどして、悪化する前に対策をとる必要もあります。

肝臓の健康の為には以下の様なアイテムがお役にたてるかもしれません。

肝機能の改善

マリアアザミ ヨーロッパでは二千年以上も前から肝臓薬として利用
 スルフォラファン 解毒酵素を活性化して肝臓の働きを助ける
 しじみ  日本では古くから肝臓に良い食べ物の代表格
 ウコン  特に二日酔い対策として利用されている生薬

トップに戻るボタン

注)病気の治療については医師の指導の元で適切な医薬品の使用をおすすめします。

プラシーボ・バンザイ(貝原益軒 養生訓より)

養生の道は、中を守るべし。中を守るとは過不及なきを云。食物はうゑを助くるまでにてやむべし。過てほしゐまゝなるべからず。