本文へスキップ

健康食品・健康飲料・サプリメント選びに

医療機器・健康器具情報なら
健康医療機器ガイド

花粉症(目的)

人によって効果が異なる対策法

30年ほど前から少しずつ騒がれ始め、今ではすっかり国民病ともなってしまった感のある花粉症ですが、単に鼻水がでたり涙が止まらなかったりというに留まらず、頭痛や睡眠障害も引き起こして、花粉の飛散期間はとても普段通りの生活が営めなくなるほどの影響を及ぼします。

実は私も長年花粉症に苦しんでおり、ひどい時には、夜中も鼻水がでて眠れないし、朝には目ヤニで目が開けられず、一日中頭がぼーっとしたままで、外出時にはマスクに花粉防止ゴーグル、もちろん頭に帽子をかぶって、まるで変質者のような格好をして春の街や郊外を歩かざるを得ませんでした。
そうなると、とにかく外出したくなくなりますから、梅や桜が咲き誇り本来最も外に出て楽しみたい行楽シーズンが嫌で嫌でたまらなかったものです。
そんなわけですから、病院にも通って注射をしたり薬の処方も受けると同時に、花粉症に効果があると言われる対策は手当たり次第に挑戦して来ました。
そんな私の経験も含めて、花粉症に効果があると言われている食品・飲料・サプリメントを下記にいろいろ挙げてみましたので、ご参考にしていただければ幸いです。
 
しかし、どのアイテムもそうですが、効果があったという人も多数いる反面、効果がなかった人も少なからず存在します。これまでも、身近な人に自分には効果があったものを勧めてみても、残念ながら少しも改善しなかったという報告をもらった事もあります。
勿論、あるものがある症状に効果があるかないかは他の症状の場合も同じでしょうが、花粉症の場合は特にその傾向が顕著のように感じます。
よって、ここに挙げたアイテムも、半信半疑でも結構ですから、いくつかを試してみて自分に合った物をお探しになられることをおすすめします。(医者から処方される薬でも効かなかった物は多数ありますので)


花粉症には以下の様なアイテムがお役にたてるかもしれません。


免疫力アップ

花粉 まさに「毒をもって毒を制す」見本のようなもの
エキナセア  とにかく免疫力アップのための万能ハーブ

症状緩和

ペパーミント 鼻の炎症やイヤな頭痛をやわらげてくれるハーブ
 シソ  花粉症の諸症状をやわらげてくれて予防効果もある
 ピクノジェノール  抗ヒスタミン作用を持つ強力な抗酸化物質

(追記)
このサイトで扱う範囲外ですが、個人的に効果が顕著であった医薬品等は次の二つです。

一つは内服薬(日本では認可されていませんから医薬品とは呼べず販売されてもいませんので、入手の際はあくまでも自己責任で個人輸入することになります)で【KIRKLAND製】アレルクリアー

もう一つは第一三共ヘルスケア製目薬の【第2類医薬品】NEWエージーアイズ 15mL

トップに戻るボタン

注)病気の治療については医師の指導の元で適切な医薬品の使用をおすすめします。

プラシーボ・バンザイ(貝原益軒 養生訓より)

養生の道は、中を守るべし。中を守るとは過不及なきを云。食物はうゑを助くるまでにてやむべし。過てほしゐまゝなるべからず。