本文へスキップ

健康食品・健康飲料・サプリメント選びに

医療機器・健康器具情報なら
健康医療機器ガイド

りんごジュース(アイテム)

水分補給と症状緩和と栄養補給の三つに優れる健康飲料

下痢の時には細かな水分補給が重要です。
かといって、冷たい飲み物は腸を刺激しますので、一般的にはぬるい白湯やお茶などご良いと言われています。
喉が乾くのでジュースなども飲みたくなりますが、果汁に含まれるクエン酸なども刺激が強いので避けた方が無難です。

ということで下痢の時にはジュースなどは好もしからざる水分補給方法なのですが、ジュースの中でもりんごジュースだけは下痢の時に飲んでも良いと言われています。
これは、りんごに含まれているペクチンが腸内で膜を作り、刺激から保護してくれるためと言われています。

ペクチンは果肉よりも果皮に多く含まれているのですり下ろしりんごにした方が下痢の時には良いとの説もありますが、果皮は消化が悪いので避けたほうが無難だと思います。

りんごの果肉だけをすり下ろしても良いし、ミキサーなどでジュースにしても良いと思いますが、作るのも面倒な場合は100%果汁のりんごジュースを購入したほうが早いでしょう。
ただし、冷たいままではなく常温に戻して飲むことと、飲み過ぎれば却って症状を悪化させる事もあるのでご注意下さい。 何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」です。

以下の様な商品がお役にたてるかもしれませんよ。


通販で購入可能です


対象となる症状--->下痢


トップに戻るボタン

注)病気の治療については医師の指導の元で適切な医薬品の使用をおすすめします。

プラシーボ・バンザイ(貝原益軒 養生訓より)

養生の道は、中を守るべし。中を守るとは過不及なきを云。食物はうゑを助くるまでにてやむべし。過てほしゐまゝなるべからず。