本文へスキップ

健康食品・健康飲料・サプリメント選びに

医療機器・健康器具情報なら
健康医療機器ガイド

ペパーミント(アイテム)

鼻の炎症やイヤな頭痛をやわらげてくれるハーブ

ペパーミントに含まれているあのスーッとする成分メントール(ハッカ脳)は、西洋でも古くから軽い病気の治療に用いられてきました。

チェリッシュの歌で「ペパーミント・キャンディ」というのがありましたけれど、その中では「恋に良く効く秘密の薬」ということになっています。どうもこの効能の方は科学的に立証するのは難しそうですが、花粉症の時の辛い鼻づまりには確かに効果があります。

ペパーミントは筋肉の緊張を和らげてくれる働きや、頭痛を緩和する作用があることでも知られています。

キャンディやタブレットを携帯して必要な時に口に含んだり、就寝前にハーブティーとして飲用したり、オイルを薄めたものを鼻に塗ったり額に塗ったりして、花粉症の辛い症状を緩和するには大変便利なアイテムだと思います。

ペパーミントは、日本名はセイヨウハッカと呼ばれ、和種のニホンハッカとは異なるものですが、ニホンハッカが近年ほとんど量産されていないことと、含有成分のハッカ脳(メントール)のハッカが一般名のように一人歩きしていることもあり、現在では「ハッカ」と「ペパーミント」は同じようなものとして扱われています。よってこのページでも、ペパーミントキャンディもハッカ飴も同じ範疇のものとして扱っていますのでご了承ください。


以下の様な商品がお役にたてるかもしれませんよ。


通販で購入可能です

有機紅茶のトップブランドが提供するペパーミント

スッキリしない時に手軽にポイッと口に放り込む

飲み物に入れてもそのまま付けても


対象となる症状--->花粉症


トップに戻るボタン

注)病気の治療については医師の指導の元で適切な医薬品の使用をおすすめします。

プラシーボ・バンザイ(貝原益軒 養生訓より)

養生の道は、中を守るべし。中を守るとは過不及なきを云。食物はうゑを助くるまでにてやむべし。過てほしゐまゝなるべからず。