本文へスキップ

健康食品・健康飲料・サプリメント選びに

医療機器・健康器具情報なら
健康医療機器ガイド

ニンニク(アイテム)

臭いの強さというマイナス面を除けば定評のある栄養補給食品

現存する最古の医学書は紀元前3千年以前の古代エジプトで書かれたエーベルス・パピルスだと言われていますが、その中で既にニンニクは薬として紹介されています。
それから中国に伝わり、医食同源思想の強い中華料理の中にあっても、尤も頻繁に使われている野菜であり調味料でもあります。
もちろん日本に伝わってからも滋養強壮の為の食材として欠かせないものとして珍重されながらも、その臭いの強さから純粋の和風料理からは敬遠されてきました。
しかし、病に関していえば、臭いがどうのこうのといってられませんから、弱った体力の回復にはもってこいの食材として色々と使われてきました。

子供の頃に、確か小学校の国語の教科書だったと思うのですが「モンゴル紀行」(という題だったと記憶していますが)という本を読んだことがあります。
話の内容はほとんど記憶していませんが、《モンゴルに行って現地の人々と交流していた著者が、ある時風邪が流行したので、現地の人に自分が持っていった風邪薬を与えたところ非常によく効いた。その薬が無くなった時に今度は自分が風邪をひいてしまって大変苦しむことになった。もうダメかと思った時に現地の人がニンニクをタップリ入れた熱いそば(うどんだったかもしれませんが)を作ってくれて、それを食べたらあっという間に風邪が治ってしまった。》という部分だけをよく覚えています。
その話を読んで以来、自分の中では「風をひいたらニンニクそば」というのが決まり事になっていて、熱が出て苦しくなったら必ずそれを食べることにしています。
(勿論、そう思い込んで食べるからかもしれませんが良く効きます)

以下の様な商品がお役にたてるかもしれませんよ。


通販で購入可能です

胃などに負担をかけまない発酵熟成黒にんにく です

料理使い用に使い易い瓶詰め

無臭タイプのこちらがおすすめ


対象となる症状--->風邪


トップに戻るボタン

注)病気の治療については医師の指導の元で適切な医薬品の使用をおすすめします。

プラシーボ・バンザイ(貝原益軒 養生訓より)

養生の道は、中を守るべし。中を守るとは過不及なきを云。食物はうゑを助くるまでにてやむべし。過てほしゐまゝなるべからず。