本文へスキップ

健康食品・健康飲料・サプリメント選びに

医療機器・健康器具情報なら
健康医療機器ガイド

マリアアザミ(アイテム)

ヨーロッパでは二千年以上も前から肝臓薬として利用

マリアアザミ(英名はミルクシスル)は別名オオアザミとも呼ばれ、ヨーロッパでは古くから肝臓の薬としての効果が認められて、数多く利用されてきた地中海沿岸原産のキク科の植物です。
日本に広く分布繁殖しているアザミ(野アザミともいわれる)とは同じキク科ながら属が異なり、もっと大柄なアザミ(だからオオアザミ)です。

このマリアアザミ特有の抽出成分であるシリマリンが肝臓の持つ解毒作用を高めたり、肝臓そのものを損傷から保護する作用があると言われています。

摂り方としては(さすがにあの刺が痛い植物に手を触れて採集するわけにもいかないのでしょうが)、やはりサプリメントで摂るのが一番簡単で効果もあると思います。

サプリメントの名称は、マリアアザミ、オオアザミ(別名)、ミルクシスル(英名)、シリマリン(抽出物)、シリビニン(シリマリンからの抽出成分)など、いろいろな呼び名が使われています。

以下の様な商品がお役にたてるかもしれませんよ。


通販で購入可能です

これはいいですよ。コスパ高し!


対象となる症状--->肝臓の健康


トップに戻るボタン

注)病気の治療については医師の指導の元で適切な医薬品の使用をおすすめします。

プラシーボ・バンザイ(貝原益軒 養生訓より)

養生の道は、中を守るべし。中を守るとは過不及なきを云。食物はうゑを助くるまでにてやむべし。過てほしゐまゝなるべからず。